國立故宮博物院圖書文獻館 National Palace Museum Library
:::
本館蔵書の特色

国立故宮博物院図書文献館は、歴朝の善本古籍や清代档案文献、中国美術、文学、史書、哲学書などの資料を豊富に所蔵していることから学会にも重視され、資料の検索や閲覧など、長年に渡って無数の一般読者や研究者を惹きつけて参りました。図書文献館は民国85年(1996)4月に開館して外部に開放されて以来、全く新しいサービスを行って参りました。ゆとりのあるスペースに加え、書架や器具などの配置も洗練されて設備も整い、書籍検索システムや文献画像閲覧、マイクロ資料の閲覧とプリントアウト、インターネットなど、あらゆる設備を揃えており、資料の検索や学術研究には格好の施設です。主な蔵書は以下の通りです。

1. 善本古籍
国立故宮博物院所蔵の善本古籍は、清朝が残した歴代刊本、活字本、名家の批校本、旧抄本、少数ですが韓国と日本の古書や旧抄本などもあります。比較的重要な書物には、文淵閣「四庫全書」、摛藻堂「四庫薈要」、天禄琳瑯、武英殿刻本、方志、内閣大庫、山陰沈仲涛氏研易楼旧蔵、楊守敬氏観海堂蔵書などがあります。これらの蔵書は膨大な数量であるのみならず、稀に見る孤本も少なくありません。また、本院は北平図書館蔵書を代理管理しており、歴朝の版本を豊富に収蔵しているほか、清代初期の禁書や戯劇などの著作も多く、版本や明清史、民間の文学作品の研究にふさわしい素材を有しているといえましょう。

2. 清代档案文献(公文書)
国立故宮博物院は、多種類の档冊及び奏摺などの清代文献を所蔵しており、その数量は40万点を超えます。清内廷の文書、文書彙編、史館が収集及び編纂した史書の資料など、清代文書の形式がわかるのはもちろんのこと、清代史研究に不可欠の一次資料でもあります。本院所蔵の档案は、宮中档硃批奏摺、内閣大庫档案、軍機処档案(奏摺録副及び各種档冊を含む)、史館档案(清国史館及び民国清史館纂集の各種史冊を含む)など4種に大別されます。また、近年、各方面から寄贈いただいた档冊(湘郷曽氏文献、清代外交档案など)も少なくありません。

3. 図書と定期刊行物
国立故宮博物院では、一般読者の方及び学術界の中国芸術文化に関する研究に合わせるとともに、本院職員の整理や研究、展覧業務上の幅広い求めに応じるため、台北に移転して以来、中国文化や芸術、文物保存、博物館学に関する近代及び現代の中・外国語書籍を積極的に収集しています。また、図書館は開架式で閲覧用に開放されており、学術性と専門性兼ね備えているのはもちろんのこと、社会教育にも役立つ蔵書であるといえます。